Company Company

Company

私たち盟和精工は、お客様をはじめ私たちを支えていただいている皆様により創業90年を越え、創業100年への一歩を踏み出そうとしています。創業以来、「互いに結ぶ約束」という意味の「盟」と、人との「和」を大切に、お客様、パートナー、関わる全ての人々とともに従業員ひとりひとりが手を携えて「モノづくり」に邁進してまいりました。

これまでの盟和精工のあゆみは、鍛冶屋からはじまりプレス加工、金型の製作、トライアル品の提案、新技術を搭載した設備装置の実現など、様々な分野に臆せず飛び込んでいった私たちのたゆまぬ努力のたまものです。価値あるモノを生み出していくには発想力や技術力はもちろんのこと、品質管理、コストパフォーマンスなどを含む製造体制を、一つの舞台にまとめ上げることが重要となります。 その舞台に立つ従業員が、技能を磨き、知識を深め、製品に込められた思いをお客様にしっかりと届けることが私たちの使命であり、そのことが私たちの存在意義を高めることになると信じております。

品質の高い盟和の製品はインフラや医療をはじめさまざまな分野、そして世界各地に拡がっています。品質を大切にするモノづくりに紡がれた伝統を基本に、お客様の期待を超えるご提案を行い、さらにお客様に頼られる存在を目指して、盟和精工は壁を打ち破りあゆみ続けます。

盟和精工株式会社
代表取締役社長
佐藤秀樹

Company profile

会社名 盟和精工株式会社
設立 昭和22年5月
資本金 1,200万円
売上高 31億7,800万円
従業員数 200名
土地面積 本社・弥富工場 9,000㎡
弥富湾岸工場   11,655㎡
建物面積 本社・弥富工場 5,269㎡
弥富湾岸工場 11,264㎡
事業内容 自動車部品の量産、試作品の設計製作
所在地 本社・弥富工場  弥富市楠三丁目13-3
弥富湾岸工場   弥富市鍋田町六野80番1
代表者 代表取締役社長  佐藤秀樹
主な取引先 【自動車部品関連】
株式会社アイシン
株式会社アドヴィックス
株式会社エフ.イー.シーチェーン
大同メタル工業株式会社
トヨタ車体株式会社
トヨタ紡織株式会社
株式会社光岡自動車

【輸送機械部品関連】
三恭金属株式会社
株式会社東海特装車

【設備・治工具・試作品関連】
一榮工業株式会社
AHブレーキ株式会社
新明工業株式会社
株式会社デンソー
フジタ電業株式会社

【インフラ関連】
住友理工株式会社
中部電力ミライズ株式会社
株式会社LIXIL

【医療機器関連】
エア・ウォーター防災株式会社
日進医療器株式会社

本社・弥富工場  〒498-0066 愛知県弥富市楠三丁目13番地3
TEL 0567-68-3003 FAX 0567-68-5166
Google Map

弥富湾岸工場  〒498-0068 愛知県弥富市鍋田町六野80番1
TEL 0567-69-1711 FAX 0567-68-7181
Google Map

盟和精工が2025年に どんな会社を目指すかを考えた経営ビジョン

自動車部品の量産体制を盤石にしつつ、
次の100年の生き残りを賭けて、
盟和の新たな柱となる事業の候補が成長している
次世代に向けて持続的成長が可能な人員体制が、
本社・弥富工場・弥富湾岸工場ともに整い、
技術やノウハウの伝承のしくみができてい る

みなさんと
実現したいこと

一人一人が自らの仕事に
真心を込めて取り組む

真剣に愛を込めたものは人の心を動かし、
お客様・仲間・先輩後輩に良い影響を与え、
信頼を得ることで会社の業績が伸びる。

関わる人たちに向き合い
発信する職場を作る

人はアウトプットを重ねることで成長する。
成長を促すしくみやインプットの場を
会社が整えスパイラルアップできる
人々の集まりとなる。

日本一
美しい職場を目指す

美しい職場は安全で高品質を維持でき、
さらに毎日働くのが楽しくなる。

VISION2025を達成すると…

頑張ったみんなの待遇や
福利厚生が充実し、
豊かな暮らしを実現できる
会社になる

VISION2025の達成を目指し
自ら考え 自ら学び 自ら動く

History

1930年(昭和 5年) 6月 名古屋市南区熱田にて個人創業
初代創業者 大山兼五郎は豊田式織機株式会社にて機械工として従事 52歳で独立
1938年(昭和13年) 6月 二代目代表取締役社長に大山勇二が就任
1947年(昭和22年) 5月 名古屋市中川区に株式会社大山製作所設立、プレス加工業を営む
1954年(昭和29年) 4月 新川工業株式会社(アイシン精機)と取引開始 自動車ドアロックプレス部品受注
1965年(昭和40年) 12月 合理化優良企業として愛知県知事より表彰される
1969年(昭和44年) 3月 名古屋市港区当知へ本社・工場移転
5月 アイシン・エイ・ダブリュ株式会社と取引開始 3速自動変速機ギヤー部品受注
1970年(昭和45年) 11月 三代目代表取締役社長に佐藤正明が就任
1980年(昭和55年) 12月 社名を盟和精工株式会社に変更
1983年(昭和58年) 12月 当知旧本社工場南に第二工場竣工(1Fをプレス工場、2Fを溶接ロボット工場として完成)
1991年(平成 3年) 3月 試作専門工場『シーサイド弥富』(現在の弥富工場)竣工
1998年(平成10年) 5月 四代目代表取締役社長に佐藤秀樹が就任
2002年(平成14年) 10月 ISO9001認証取得(本社工場)
2003年(平成15年) 9月 ISO14001認証取得(本社工場)
2013年(平成25年) 2月 弥富湾岸工場竣工
2016年(平成28年) 8月 本社工場を弥富・弥富湾岸工場へ移転統合
2017年(平成29年) 4月 本社の登記を弥富工場に変更
2020年(令和 2年) 10月 ソリューション事業の確立を目指し、MS事業部を発足

Quality policy

品質至上の基本理念のもと、当社の品質方針を下記の如く定める。

  1. 顧客満足度の向上を品質保証の原点と考え、常に顧客の観点から品質確保に努める。
  2. 品質保証は、たゆまない改善活動によって、継続的な品質向上を目指す。
  3. 品質不具合に対しては、速やかに真因を追求し、本質的改善を図る。

各部門は、本品質方針を自部門のすべての部署・要員に対して周知・徹底を行うこと。

品質目標

年度会社方針に掲げる品質目標とする。

2001年12月24日
盟和精工株式会社
代表取締役 佐藤秀樹

Environmental policy

盟和精工株式会社は、自動車部品の生産活動を推進する上で、従業員一人一人が環境保全の重要性を認識し、又地域との共生をはかり“環境にやさしい企業”を目指して、地球と地域環境の継続的改善に努める。

方策

  1. 環境管理推進のため、本方針に基づいた環境目的及び目標を定め計画的な実践と定期見直しにより環境保全の継続的改善を進める。
  2. 環境側面に関連する規制・条例及び当社が同意するその他の要求事項を順守すると共に環境汚染の予防に努める。
  3. 事業活動を通じ各種資源のリサイクル促進並びにエネルギーの低減活動を展開し、廃棄物の削減並びに環境負荷物質の低減に努める。
  4. 環境教育、社内広報活動等実施し、組織のために働くすべての人々へ環境方針の周知と環境保全に関する意識高揚を図る。
  5. 環境方針は、第三者を含む外部へもホームページやパンフレットによりこれを公開し、入手可能なものとする。
  6. 地域社会との交流を深めると共に、環境保全活動に積極的に参加する。

2005年7月25日
盟和精工株式会社
代表取締役 佐藤秀樹

Information handling policy

盟和精工株式会社は、当社内で保有している情報を事故・災害・犯罪などの脅威から守り、お客様ならびに社会の信頼に応えるべく、全社で管理水準の向上に取り組む。

1.経営者の責任
経営者主導で組織的かつ継続的に情報セキュリティの改善・向上に努める。

2.管理者の役割
職場の管理状況を確認・改善するとともに、従業員教育を行う。

3.従業員の取組み
必要とされる知識、技術を習得し、正しく情報の取り扱いができるよう取り組む。

4.法令及び契約上の要求事項の遵守
情報セキュリティに関わる法令、規制、規範、契約上の義務を遵守するとともに、お客様の期待に応える。

5.違反及び事故への対応
情報セキュリティに関わる法令違反、契約違反及び事故が発生した場合には適切に対処し、再発防止に努める。

2020年12月1日
盟和精工株式会社
代表取締役 佐藤秀樹